コラーゲンとは

特徴

コラーゲンはサプリ化粧品ドリンクなどさまざまの健康や美容商品活用されていますが、どんな特徴があるのかまず確認しておきたいと思います。

 

コラーゲンとは人体に含まれるたんぱく質の3分の1を占める成分です。
筋肉や内臓、髪、骨など色々な体の部位に存在し、細胞と細胞をつなげて体を構成し、
体内の水分を保持し、老廃物の排出や栄養供給を助ける効果や働きがあります。

 

身体内で不足してしまうとすると骨や血管がもろくなってしまったり、
お肌の潤いが失われてシミやしわの目立つカサカサのお肌になっていってしまいます。

 

生まれた頃は多くのコラーゲンが人の身体にはありますが、年を重ねるとともに失われていき、
目安として25歳あたりを過ぎると急激に減少していってしまいす。
髪が細く弱くなったりお肌が乾燥しシワなどが増えてしまうのは、コラーゲンが減ってしまうからなのです。
コラーゲンを含む食べ物は、
ふかひれや牛すじ、鶏の手羽先などです。

原材料

大きく分けて海洋性と動物性があります。
どんな原材料が使われているかによって安全性や吸収率に差が出ますので、購入時にはよくチェックしてください。使われている種類をおおまかにでも知っておくことが、良質なコラーゲンを得るために大切なことです。

 

体への吸収効率は、海洋性の方が、動物性より良いといわれていますが海洋性の中には、本来は廃棄されなければいけないような魚の鱗を素材にしている場合もありますので要注意です。

 

最近の多くは海洋性(マリンコラーゲン)が使われています。天然魚皮か養殖魚のかで価格には差がつきます。

効果的な使い方

コラーゲンは食べ物からでも摂取はできますが、
サプリや美容ドリンクなど食品の使用が効率的に取り入れるでしょう。
お肌にいい食べ物あれこれはこちらから

 

効果的に活用するには飲みタイミングなどもポイントで、この成分は、毎日体内で分解されており、それと同時に生成は毎日体内で行われています。
コラーゲンが1日に入れ替わる量は5g程度とされており、一気にたくさん摂取してもあまり効果は表れません。
毎日少しずつ飲むようにしましょう。

 

過剰に摂取したからといって副作用など悪影響が出ることはありませんが、
たんぱく質を糖尿病の人や腎臓を悪くしている人はたくさん摂取できないので、
主治医との相談するようにしなければなりません。

 

効果的な飲みあわせとして
ビタミンCや鉄分と一緒に摂取すると体内での合成が促進される性質がありますので、
ビタミンCとの併用が、サプリメント摂取するを場合には良いでしょう。
ヒアルロン酸と同時に飲むことも美肌効果が期待できるとも言われています。

 

毎日継続して摂りいれることでこそ効果が期待できるものなので
コラーゲンの摂取は継続し長続きさせましょうね。

美肌の豆知識

美肌化粧品とクレンジング

 

美肌に効果がある化粧品はたくさん販売されています。
しっかりと洗顔を行うことも美肌を維持するには大切なことです。
メイク落としと洗顔で
清潔な肌を保つことがお肌には大切です。

 

化粧品や目をパッチリ見せたいなどメイクをしたいかという点には時間をかけても、
メイク落としにには時間をかけない人も多いようです。
へとへとになって家に帰り着いた時は、クレンジングは省略したいと考える方もいますが
美肌のためには、化粧の落とし方も重要になってくるので
隅々まで行き届いたクレンジングをすることで、肌への負担を減らすことができます。

 

肌を外の環境からガードしている角質層が、クレンジング不足で負荷がかかることがあります。
どんなに高級な化粧品を使っていても、肌の状態が悪ければもったいない話です。
しみたり、粉を吹いてしまったり、高価な化粧品や美容液なのに肌に合わないという事もあります。

 

クレンジングをする時は、顔のマッサージなどで皮膚の血流を促進しつつ、
顔の凹凸毛穴の隅々まで汚れを残さないよう洗い上げます。
終わったら洗顔石鹸で作ったしっかりした泡で洗顔をします。
洗顔料で作った泡が顔と手のひらの間にあるように、
汚れを泡でくるみ取るように心がけて洗顔をすることで、
化粧品のノリも良くなり美肌効果も期待できます。